阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトの中高生、大学生の活動(公式サイトはhttp://home.kobe-u.com/sinsai/)と、防災副読本『語り継ぎたい。命の尊さ~阪神淡路大震災ノート』(学びリンク刊)関連の動きをお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【写真2】宙づりになったバス:どのようにしてこの現場が中継されたのか?/僕たちの阪神大震災ノート
【写真2】阪神高速 転落寸前で止まったバス(1995年1月17日午前8時16分 ヘリコプターからの中継映像 NHK総合テレビの画面から NHK日本放送協会)
写真はここをクリック↓
http://home.kobe-u.com/sinsai/images/photo02_theme.jpg

どのようにしてこの現場を中継できたのか

photo02_team.jpg

バスがもうすこしで転落する
というところで止まっている映像は、
大変ショッキングでした。
バスの運転手さんや、
乗っていた人については
いくつかの報道がありましたので、
今回はヘリで中継したカメラマンに、
どのようにしてこの現場を見つけ
いち早く中継したのか、
神戸学院大学チームが聞くことにしました。

現場に遭遇、即オンエア

撮影したのは、中継のテロップに出ていた
NHK大阪放送局のカメラマン
片山辰雄さん(当時37)です。

photo02_cm.jpg

 やっとタクシーをつかまえて、
 NHK大阪放送局に行き、
 局でしばらくしたら、ヘリに乗って欲しいと、
 大阪空港へ行って欲しいという話になりました。

 タクシーも来ないので、先輩の車に乗って
 カメラマン2人で大阪空港に着いたんですね。
 それがちょうど8時過ぎ。飛び立ったのが8時5分。
 機体がたまたま2機あった。
 大阪の機体と、
 京都女子駅伝が終了して、
 その日東京に帰る予定の機体が1つ。
 普段大阪にある機体に乗って飛びあがった。

上空に着いたらそのままオンエアだった

 カメラマンとしては、ヘリで飛び上がったときに、
 何を思ったかというと、
 淡路島は、きっとひどいことになっているだろうと。
 震源と言われていた場所だから。
 で、淡路島に行こうと
 神戸上空にさしかっかたら、
 いきなりそこで止まってしまって、中継に入った。

 あの映像を高速道路が倒れるという、
 ああいう被害を象徴するような映像を見た時に、
 国にしても一般市民にしても、
 本格的な救助が全部動き始めたのかなという印象。

「もう2度と見たくない」

 やっぱりもっと的確に映像を
 一瞬で読み解くということができなかった。
 もっと重要なことがあったのに、
 たとえばあの高速道路の下から、
 黒い煙がもくもく出ていて、
 赤い炎も出ていて…、
 燃えてるものの近くはこうなってるだろうとか、
 もしか人がいたらどうなっただろうとか、
 本当に逃げられたのかとか、
 そういう思いまでは全然行かなかった。
《取材日 2009年9月19日 NHK大阪放送局で》

もっと詳しいリポートは…
公式サイト
http://home.kobe-u.com/sinsai/photo02.html
をご覧ください。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。