FC2ブログ
阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトの中高生、大学生の活動(公式サイトはhttp://home.kobe-u.com/sinsai/)と、防災副読本『語り継ぎたい。命の尊さ~阪神淡路大震災ノート』(学びリンク刊)関連の動きをお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東北写真記者協会 新聞部門協会賞には河北新報社の連載「挽歌の宛先 祈りと震災」 テレビ部門は東北放送とNHK福島
 東北写真記者協会(新聞・通信28社、放送32社加盟)は12月4日、2015年度の新聞、テレビ部門の協会賞と各部門賞を発表しました。

 協会賞には、新聞部門は河北新報社の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の被災地で生者と死者の心のやりとりや鎮魂を描いた連載「挽歌の宛先 祈りと震災」。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151205_73010.html

 テレビ部門は東北放送の平野耕一カメラマンの「9・11豪雨、救出劇の一部始終」と、NHK福島放送局の桜山恭子カメラマンの「保育園の模索~福島市渡利~」の両作品が選ばれました。

 東北6県の協会員が昨年12月~今年11月に撮影した写真150点、ニュース映像47点の応募作品の中から、協会員の代表らが選考した。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。