FC2ブログ
阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトの中高生、大学生の活動(公式サイトはhttp://home.kobe-u.com/sinsai/)と、防災副読本『語り継ぎたい。命の尊さ~阪神淡路大震災ノート』(学びリンク刊)関連の動きをお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神淡路大震災で大きな被害を受けた中で新聞発行に尽力した人々を描いたドラマ「神戸新聞の7日間」(主演・櫻井翔)が1月16日(土)に再放送されます。
2010年1月にフジテレビ系列で放送されたドラマ「神戸新聞の7日間」(主演・櫻井翔)の再放送が決まりました。
放送時間は次のとおりです。

2016年1月16日(土)
・フジテレビ 15:35~17:30
・関西テレビ 15:15~17:25
・テレビ静岡 14:45~16:55

このドラマは、JR三ノ宮駅前にあった本社ビルが震災で大きな被害を受け、新聞発行が難しくなった神戸新聞の社員たちが、様々な困難を乗り越えて1日も欠かさずに新聞を発行し続けたことを描いています。
記者たちが様々な葛藤を抱えながら被災地を取材する姿もあります。

ドラマと平行して、神戸新聞の関係者の証言も紹介されます。
その中に、吹石一恵が演じる新人女性カメラマンのモデルである小藤香織さんも登場します。
小藤さんは、つくば開成高校京都校の生徒が調査した「一枚の張り紙」の撮影者でもあります。

リンク先
「一枚の張り紙」  僕たちの阪神大震災ノート

またこのドラマでは、被災から4日目の紙面に掲載された社説「被災者になって分かったこと」が書かれたエピソードも紹介されます。この社説は名文として今も読み続けられています。

リンク先
「被災者になって分かったこと」
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。