FC2ブログ
阪神淡路大震災[写真調べ学習]プロジェクトの中高生、大学生の活動(公式サイトはhttp://home.kobe-u.com/sinsai/)と、防災副読本『語り継ぎたい。命の尊さ~阪神淡路大震災ノート』(学びリンク刊)関連の動きをお伝えします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真山仁さんの『そして、星の輝く夜がくる』 文庫版出ました
あの『ハゲタカ』の作家、真山仁さんが
東日本大震災をテーマに書いた『海は見えるか』の
文庫版がこの4月に出ました。

mayama.jpg

真山さんは、
阪神淡路大震災で妻と娘を亡くした教師・小野寺が
東日本大震災の被災地に派遣される
『そして、星の輝く夜がくる』(2014年)、
東日本大震災の被災地取材の
記者たちの葛藤を描いた
『雨に泣いている』(2015年)、
と、震災をテーマに書いている作家としても
知られていますね。

というのも、真山さん自身が阪神大震災を
神戸市西部の震源地のすぐ近く
垂水区で経験しているからなんですね。

この『海は見えるか』は2016年に
単行本が刊行されました。
『そして、星の…』の続編です。
一年以上経過しても復興が進まない
東日本大震災の被災地で奮闘し続ける
教師・小野寺を主人公にした
短編7篇からなります。

ちなみに、文庫版の解説は
住田功一さんです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。